スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

被害に遭われた方、なくなられた方、衷心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。

未曾有の大災害の前に、何も出来ない自分の非力さに愕然とし、一日も早い手当と復興をと祈っていますが、テレビ、ネットを通じて入ってくる情報は、もはや最悪の事態であると知らせてくれています。

原発に関しては、政府と東電が真実を隠蔽し、果ては、報道規制まで引いて真実の漏洩を防ぐしまつです。

もはや、現在の政府は機能麻痺を起こしています。

相も変わらず、子ども手当にこだわり、野党協議を停滞させる。自民党からの救済策に対し「政府の足を引っ張るな」と怒鳴る岡田幹事長。狂ってます。

そして、あくまでも中共・韓国におもねり、災害物資の受付を大陸からのみに限定しようと策動する。

未だ、戒厳令に匹敵する「非常事態宣言」も出さず、権力を手放さない事に固執するバ菅総理。この時とばかり、権力中枢を完全掌握しようとする左翼政治家(仙石、辻本etc)

本来、これほどの被害を受けてしまったら、被災地を掃除出来るのは軍隊の組織力と動員力しか有りません。

ところが、シビリアンコントロールに馬鹿のように固執する現政権担当者は、統合作戦本部を置き、そこに自衛隊三権の長を招き、事態の収拾に当たらねばならぬのに、それをせず、自衛隊を都合の良い玉としか認識せず、自分達の都合勝手に死地へと送り込んでいる。

これが、他国なら、とうの昔にクーデターが起きて、菅一派は拘束されて檻の中です。

なんと気高い我等の自衛官達。

我々国民は、いいかげん頼りにならぬ国賊政治家共を一掃しなければならない。

我々の愛しい人々が住む、国土を郷土を町を村を地域を、この自らの手で守らねばならない。

我々が先鋒となって、売国左翼政治家共をたたきつぶして、真に誇り有る自衛隊員を国軍として名誉ある立場へたたせねばなりません。

死地に赴いた、消防隊員、警察官もしかり。

死地にあって、陣頭指揮も取ることが出来ない糞政治家共に、我等の手で天誅を!!(怒)
スポンサーサイト

年内、何事もなく過ぎればいい。

でも、民主党はいよいよ左派と右派が袂を分かつみたいだな。

半島有事も年内は無いみたいだし、とりあえず良かった。

ただ、来年は戦争がありそうだ。

紛争地域はかなりある。

中東、イスラエルとイラン、イランと米国、チェチェンとロシア、中国とウィグル・チベット、台湾海峡、尖閣や竹島、北方領土、ミャンマー内戦危機、インドと中国、etc

話し合いで解決ってのは、理想でしかない。

自国と自国民の利益や命を一方的に犠牲にする決着などあり得ない故、紛争は絶えないのだ。

民主党の馬鹿議員や、自民党の腰抜け議員にはりかいできないのだろう。

ああ、平和ボケの日本国民にも、理解は無理みたいだな(苦笑)

このままでは・・

尖閣問題で色々なことがあぶり出されましたね。

自民党政権の頃から、いかに中共に骨抜きにされた政治家が多く作られてきたのか。

反対に、米国の言いなりになる政治家も・・

日本の自立のことを考えている政治家も、いつの間にかどちらかに絡め取られて、何も出来なくさせられている。

このままでは、間違いなく日本はダメになる。李鵬の糞野郎が言ったが如く「日本なんて国、なくなってるよ」です。

じゃあどうするのか。

残念ながら国民一人一人が覚醒する以外に、我が国を立て直す道はないのです。

それ故に、本当の敵を分かっている個人は、草の根運動に邁進する以外にない。

社会主義や共産主義に埋没して、ひたすら平等主義が正義と思うような馬鹿なアナクロニストはほっといて、国を憂う愛国者が、身を挺して最前線で戦うしかないのです。

教育を立て直して国の骨格を作り直し、滅私奉公・立身出世の基本を取り戻し、世界に誇れる日本を取り戻す。

いよいよ、正念場となります。

この死線を越えなければ、我々に未来はありません。

馬鹿が政治をすると、とんでもないことになる。国民もだいぶん気が付いてきたでしょう(苦笑)

9月14日前後。自身注意!!

またまた、来ましたよ。ハープです。ハープ。

この間かなり揺れたと思ったら、全部東南アジア方面。
火山も噴火させました。

で、9月は怪しげだと言われてきてのハープの揺れ。

これはやばげむんむんです。

しかも、外道共のトップ決めの選挙もある。

馬鹿と共に死ぬわけにはいかないので、皆様、要注意です。

いつまで民主党に萌えている。もう待ったなしなのに・・

自民党時代。というか福田が首相に立ったとき「もう待ったなし」と言われていて一年無為に投げられて麻生さんになった。

福田じゃなく麻生さんが一年早く立っていたら、状況はどうなっていただろうか。

もうIFの話だからどうしようもないが、世界経済の荒波で生き延びるためには構造改革して規制緩和して民で出来ることは民にやらせ、政府を小さくして無駄な金を使わないようにする。

一見、良いことずくめに聞こえるが、要するに社会保障なんて今以上のことを望むな。起業する者は政府の援助など当てにするな。ってことだったのかと納得してしまう。

地方なんて、中央の大企業のネットワークに絡め取られて、中小企業体個人としては成り立たなくて、どっかのグループ傘下か、あからさまな下請けでしか生きていけなくて、特殊な技術を習得しているところはなんとか生きていて既存のインフラで収まっているところは死に体、もしくは腐臭を放った状態になっている。

個人なんてもっとひどくて、いまや大卒の半分が就職できないと(苦笑)

これらすべてのことが、「民主党に任せて頂ければすぐにでも劇的に変えてご覧に入れる」と言わんばかりに政権交代の大合唱で。

やったことと言えば、新たなばらまきと中韓に土下座しただけというお粗末さ。

もうさ、馬鹿かとアホーかと・・

能力のない者を首相に据える愚かさを理解しろ。馬鹿国民。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。